クロスビーXBEE!大人気ハスラーのコンパクトSUVサイズ!

クロスビー外観

 

クリマスマスも終わり、2017年もあともう少しのところでデビューしたスズキのニューモデル「クロスビー」。

クロスビーのボディーサイズは、全長×全幅×全高=3760×1670×1705とまさにジャストなコンパクトカーサイズです。

イグニスと同じ大きさかな?と思いきやさにあらずで、全長では6cm長く全高は11cmも高くなっています。ちなみに全幅は1cmほどクロスビーのほうが大きくなっています。
ただ単に、イグニスのボディパネルを変更したモデルではありません。

スズキには、バレーノ・イグニスに続くコンパクトカー。さらにコンパクトSUVとしてはイグニスに続く第2弾。

クロスビー登場で、ライバル会社にはないコンパクトカーの充実ぶりには目を見張るものがあります。

トヨタや日産に比べるまでもなくその気企業規模は弱小なのは明白な事実です。

しかし、スズキならではのナイスアイディアで他社にはない、隙間をついて勝負するスズキの商魂の逞しさは驚くべきタフネスさで驚いてしまいますね。

ハスラーのお兄ちゃん?

クロスビーリヤ

ボディデザインは、大ヒットして今でも売れまくっている軽自動車のハスラーそっくりです。

まぁ、5ナンバーハスラーと思っていただければいいかもしれません。スズキには、かってワゴンRワイドとか軽自動車の拡大モデルが多数ありました。今回のクロスビーもそんな感じで開発されたのかもしれません。

ハスラーにインスパイア―されたボディデザインですが細部の造りはハスラーよりも凝っていて質感も高いものになっています。

5ナンバーにワイド化されたことによって、余裕の室内空間と荷室を獲得。そして1000cc直噴ターボの余裕のエンジンには、さらにスズキが得意なモーターアシストがプラスされたマイルドハイブリッドです。
低速トルクを補うマイルドハイブリッドと高速でエンジンの補助するターボはまさに
現代的なエコ・ツインチャージャーとでも言えるでしょう。

燃費は、22km/L(JC08モード 2WDモデル)と高燃費をマーク。

あわせて、4WDでは高速走行に適した「スポーツモード」とぬかるんだ悪路や圧雪した冬道など走行する際にタイヤの空転を抑えた「スノーモード」の2つが選べ状況に応じた使い方が出来るのが良いところでしょう。

クロスビーインパネ周り

さらに安心機能でグリップコントロールとヒルディセントコントロール搭載で安心安全に悪路走破もこなしてしまいます。

価格とグレードは、HYBRID MZ(2,003,400円?2,145,960円)」と、ベースグレードの「HYBRID MX(1,765,800?1,908,360円)」の2つ。

駆動方式はFFと4WD。搭載エンジンは、1000cc直噴ターボ+マイルドハイブリッドの一種類のみ。ミッションは6速ATのみとなっています。

コメントを残す