【CX-8】ミニバン市場から撤退したマツダは得意なSUVで巻き返しか?

マツダCX-8
国内市場では、まだまだ猛威を振るっているミニバン。
トヨタ、日産そしてホンダが凌ぎを削り合う過酷な戦場です。

ミニバン市場から撤退したマツダ

そんな国産ミニバン市場から撤退を表明したのがマツダ。
MPVやビアンテなどでミニバン市場にも果敢に挑戦していたマツダでしたが、トヨタ、日産そしてホンダの3強が揺るぎなく市場を占拠している現在、不得意なミニバンでもはや勝負するのは辞退しました。
やはり、企業も人と同じで得手・不得手があるのはし方ないこと。
マツダの開発力を得意なSUVに傾注することで、苦手なものを克服する労力よりも得意分野を伸ばすほうが簡単で短時間で済むことに気が付いたのでしょうね。
CX-8のスタイリングは、先に出ているCX-5やCX-3と共通の鼓動デザイン。
フロントデザインは、メーカーイメージを統一するために同じフロントマスクとなっています。
ボディスタイルは、4ドアハッチバックのSUVで3列シートを備え多人数乗れるミニバン的使い方もOK。
ミニバンに変わる3列シートモデルは、今のマツダになくてはならないのです。
ボディサイズは、ライバルのホンダ・オデッセィとほぼ同じ。
あちらはスライドドアが採用されていてよりミニバンそのものに思われますが、全高はCX-8のほうが45mm高くなっているのは実に意外な事です。
大柄なボディから得られた広い室内。
3列シートの2列目はまさに特等席のおもてなしです。
オデッセィにも負けないず劣らずの、豪華さ。さすがマツダのフラッグシップモデルにふさわしい高級さに仕上がっています。

ミニバン不在のマツダで、唯一の3列シートとなったCX-8

マツダCX-8内装
さらに、3列目シートでもスライド機能が備わりスライド量は驚きの17cmです。
搭載エンジンは、マツダが得意なディーゼルエンジン。
定評あるクリーンディーゼルエンジンは、直4DOHC直噴・ターボ2200cc。最高出力は、190PS/45.9kgmで燃費は17.0km/L(JC08モード)。
ちなみにミッションは6速ATのみの設定です。駆動方式は、FFと4WDがあります。
価格は、319万7000円(XD FF)~419万400円(XD L Package)になっています。
尚、先進的安全機能のアイ・アクティブセンスが搭載されてより安全 なドライビングが約束されました。

コメントを残す