C26セレナ中古車購入レビュー 【シート・シートアレンジ編】

1列目と2列目のクッションフラットモードスマートマルチセンターシートフロント側

C26セレナはシートアレンジのバリエーションがたくさんあって色んなシーンで使える用になっているのが売りの一つですね。

このページではフロントシート・セカンドシート・サードシートとすべての各シートの写真、シート間の幅やクリアランス、家族でワイワイガヤガヤ楽しく過ごすためのシートアレンジなど、詳しくご紹介していきます。

これからC26セレナの中古車の購入を検討している方の検討材料の一つに慣れば幸いです。

シートレビュー

今回シートレビューで使用した車は平成23年式 DBA-C26 セレナ 20Xです。
C26セレナは平成22年に発売されたので発売されてい1年経っていない頃の車になります。

フロントシート

運転席

フロントシートです。20Xと20Sの内装は落ち着きのある黒い内装です。シート生地はトリコットです。トリコットとはあみ方の一つで一般的に編物(あみもの)と織物 2種類あるものの編物野中の経編(たてあみ)の一種です。

セカンド(2列目)シート

セカンドシート

セカンドシートの写真です。セカンドシートはスマートマルチセンターシートのアレンジでいろいろと変化します。
今はスマートマルチセンターシートをセカンドシートと一体にした3人乗車が可能になるモードです。

サード(3列目)シート

サードシートとドリンクホルダーと小物入れ

サードシートの写真です。サードシートと言っても写真でもイメージしてもらえると思うんですが、補助席的な作りではなくちゃんとクッション性がしっかりしたシートになっています。
折りたたんで荷室を確保するために薄くコンパクトになるように作られているので、どうしてもフロントシートやセカンドシートほどの座り心地はありませんが、十分な快適性を確保されています。

3列目のシートは折りたたむ為の構造上、背もたれは倒すことが出来ますがシート自体は前後にスライドはしません。

フロントシートの足元のクリアランス

運転席のスペースを十分確保した状態です。

セカンドシートとセンターマルチシートを倒した図

運転席のスペースを確保した状態の2列目シートの足元のクリアランスです。
十分なスペースがありますね。

セカンドシートを15㎝ほど前に出した時のサードシートの足元のクリアランス

そのままの位置でサードシートを見てみると足元に十分なスペースが取れているのがわかると思います。

セカンドシートを一番後ろまで下げた写真

ちなみにセカンドシートを一番後ろに下げた状態だとこのくらいのスペースが確保されます。
足元にちょっとした荷物をおいても十分なスペースが確保されそうですね。

セカンドシートを一番後ろまで下げたときのサードシートの足元のクリアランス

上の写真のようにセカンドシートを一番後ろに下げた状態のサードシートの足元のクリアランスです。
さすがに狭さは否めないですが、座れないほどではないですし、サードシートに人が乗るのがわかっている状態で、ここまでセカンドシートを下げることもないと思うので、問題ないと思います。

サードシートから前方を見た写真

2列目と3列目のウォークスルーモード。
2列めと3列目が自由に行き来できるので何かと便利です。

セカンドシートのドリンクホルダーとトレイ

グレード別にはなってしまうのですが、フロントシートの背の部分には折りたたみ式のパーソナルテーブルがありドリンクが各テーブル2つづつ、計4つも置けるようになってます。

 

シートアレンジレビュー

ここからはシートをフラットにしたときのレビューをしていきます。

2列目と3列目のフルフラットモード

セカンドシートをフラットにするときには、ヘッドレストが邪魔なのでヘッドレストを外してからフラットにしましょう。
セカンドシートを倒してフラットにした所

フラットにしたときにヘッドレストが邪魔ですね。サードシートの足元などにおいてフラットにすれば邪魔じゃないですね。

2列目と3列目のフラットアレンジ

2列目シートと3列目シートのフラット。スマートマルチセンターシートがフロントにある状態なので真ん中が空いています。
あまりすることないでしょうが、空いたところに足を下ろすもよし、すぐ取り出したいに本を置くもよし、使い方次第でいろいろなアイデアが浮かびますね。

2列目と3列目のシートとスマートマルチセンターシートも入れた完全なフラットアレンジ

スマートマルチセンターシートをセカンドシートに持ってきた完全なフラット状態。
これならパーキングなどで運転で疲れたドライバーさんが足を伸ばしてゆっくり出来ますね。

ちなみに3列目のシートもヘッドレストを取ればフルフラットになりますが、私の経験上3列目をフラットにすると使いづらいし、一番後ろには殆どの場合荷物があるのでフラットにはしないですね。

少し背もたれが上がっていたほうが、寄り掛かれて休みやすいと思います。

 

フラットセカンドとサードシートのフラットアレンジ運転席側から

外から覗いた写真です。

セカンドとサードシートのフラット時のセカンドシートの前のクリアランス

2列目3列目フラット時の2列目の足元のクリアランスです。ほとんど空いてませんね。

セカンドシートとサードシートのフラット外からの写真

リヤゲート開けたところです。
広々としててゆっくり休憩を取れそうですね。
これならロングドライブでも疲れ知らずですね。

1列目と2列目のクッションフラットモード

今度は1列目と2列目のフラットモードです。

このフラットは2-3列目のフルフラットと違い、クッション性の高いフロントシートと2列目のシートを使ったフラットなので、休憩でもいいですが、外出先での仮眠や布団を持ち込んで車中泊もOKなモードです。

スマートマルチセンターシートを2列目に移動させた1-2列目のクッションフラットモード

後ろから見た写真。2-3列目のフルフラットと違った広々とした開放感があります。
セレナ自慢の大きいフロントウィンドウ・サイドウィンドウから外の景色が見れるため、窮屈感はありません。
逆に外からの目が気になるかもしれないので、バイザーみたいなものはあったほうが良いかもしれません。

1列目と2列目のクッションフラットモードスマートマルチセンターシートフロント側

スマートマルチセンターシートをフロント側に持っていったらどうなるかやってみました。
一見これはこれでありかなと思うんですが、アングルを変えると・・・。

フロントシートとリヤシートのフルフラットスマートマルチセンターシートをフロント側

スマートマルチセンターシートがフロントシートと同じ位置までスライドしないんですね。
なのでちょっと使い心地は悪いです。
センターコンソールがあるので仕方ありませんね。

フロントシートとリヤシートのフルフラット

横から見た写真です。フラットと行っても段差はあります。段差をうまく使って座れば快適に過ごすことが出来ます。

グレードや特別仕様車がいっぱいありすぎて、どのセレナにしようか決め兼ねているあなたにおすすめのサービスがあります。
膨大な在庫車からあなたにおすすめな車を探し出してくれるなびくる+です。

そんななびくる+はこちら↓

コメントを残す